後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度とは

 

後期高齢者医療制度とは,平成20年4月から始まった『75歳以上の人を対象とする心身の特性や生活を踏まえた独立した医療制度』です。

 

制度の概要

 

1.[高齢者世代と現役世代の負担割合の公平化・透明化]

    後期高齢者の保険料(1割)、現役世代(国保・被用者保険)からの支援

   (約4割)及び公費(約5割)を財源とする新たな医療制度
 

2.後期高齢者のかたへの保険料徴収は市町村が行い、財政運営は

    都道府県単位で全市町村が加入する広域連合が実施

 

3.高額医療費についての財政支援、保険料未納等に対する貸付・交付

   など、国・都道府県による財政安定化措置を実施

 

関係資料

 

医療制度改革大綱(厚労省資HP)

高齢者の医療の確保に関する法律(厚生労働省HP)

平成18年度医療制度改革関連資料(厚生労働省HP)


  • ページの先頭へもどる