2010年10月アーカイブ

 山口県内において被保険者宅に返戻金等があると言い、口座番号を聞き出そうとする不審な電話があったことが判明しました。

 事件の概要については以下のとおりです。

 このような不審な電話や訪問等にはくれぐれもご注意ください。

 

事件の概要 

事件1

 平成22 年10 月26 日(火)午前10 時半ごろ、萩市内の高齢者宅に男性の声で「医療保険料の払戻金がある。振り込むので口座番号と残高を教えてほしい」との電話がありました。
 不審に思った高齢者が家族に相談し、警察に通報しました。
 同月22 日にも同市内で同様の不審電話が2 件あったとのことです。

 

事件2

 平成22 年10 月28 日(木)14 時50 分頃、厚生労働省の職員を騙る男性から「低所得者を対象とした特別医療制度により、47,500 円の振込みがある。4 月に申請書を送っている。振込みのために口座番号を教えてほしい」と宇部市の高齢者宅に電話がありました。電話を受けた高齢者は不審に思い、「口座はない」と伝えると、「書類を送るので、口座を開設してほしい。」と言われたとのことです。

 福岡市内において被保険者宅に不審な電話があったことが判明しました。

 事件の概要については以下のとおりです。

 このような不審な電話や訪問等にはくれぐれもご注意ください。

 

事件の概要 

 平成22年10月25日午前11時頃、東京と大阪にしか所在しない事務所(事務所名は聞き取れず)と名乗るところから福岡市内の被保険者宅に電話がありました。

 「特別医療補助給付金が47,500円ある。4月に書類を送ったが、9月までに受け取りがなかったため連絡している。低所得者を対象としている。振り込むので、口座番号を教えてほしい。」といったものでした。

 被保険者が不審に思い「口座番号など電話で教えられない。もう一度書類を送ってほしい。」と返答したところ、すぐに電話は切れました。

 電話が切れた後、市役所・県庁など、どこからかかってきたものなのか被保険者が確認しましたが、「そのようなものは知らない。」との案内だったため、福岡県広域連合へ問い合わせされ、本件が発覚しました。

 

 京都府内において被保険者宅に不審な電話があったことが判明しました。

 事件の概要については以下のとおりです。

 後期高齢者広域連合や役場等が、ATMなどでの振込み操作を依頼することは絶対にありません。

 このような不審な電話や訪問等にはくれぐれもご注意ください。

 

事件の概要 

平成22年10月12日午前11時頃、厚生労働社会保険職員と名乗る男性から宇治市内の被保険者宅に電話があり、被保険者の家族が応対しました。

「65歳以上で年間の医療費が10万円以上かかった人に、特別給付金47,500円が支給される。案内をしたが手続きをされていない。早急にしないと今年度中の支給に間に合わないので、銀行ではなくスーパーやコンビニにあるキャッシュコーナーのATMへカードを持って行くように。」と告げられました。

不審に思い相手の電話番号を聞くと、携帯電話と思われる番号を言い、再度問いただすとフリーダイヤルの番号を言ったので、電話をかけたところ、つながらなかったとのことです。

電話を切った後、在住市の担当課に連絡し事件が判明しました。

 

平成22年 第2回三重県後期高齢者医療広域連合定例議会



1.開催日時

   平成22年11月16日(火) 13:30~ 【予定】

 

2.開催場所

   三重地方自治労働文化センター 4階 大会議室 (津市栄町2丁目361番地)

 

3.その他

   (1)会議事項については、11月9日頃にホームページ上にてお知らせします。

   (2)会議は公開で行います。
     (傍聴席には限りがあるため、傍聴できない場合もありますので、ご了承ください。)

 

平成22年度 第2回三重県後期高齢者医療広域連合運営協議会



1.開催日時

   平成22年11月4日(木) 13:30~

 

 2.開催場所

   三重県自治会館 4階 ホール (津市桜橋2丁目96番地)

 

3.協議事項(予定)

  (1)平成22年 第2回広域連合定例議会について

  (2)その他

 

4.その他

   会議は公開で行います。
   (傍聴席には限りがあるため、傍聴できない場合もありますので、ご了承ください。)

 静岡市内において被保険者宅に不審な電話があったことが判明しました。

 事件の概要については以下のとおりです。

 後期高齢者広域連合や役場等が、ATMなどでの振込み操作を依頼することは絶対にあ

りません。

 このような不審な電話や訪問等にはくれぐれもご注意ください。

  

事件の概要  

 平成22 年10月7日(木)正午頃、静岡市内の被保険者宅に厚生労働局のキタガワと名
乗る者から電話があり、「以前に通知した後期高齢者医療の通知の返事がまだ届いていな
い。早く手続きをしないと振込が出来なくなる。」と言われたとのこと。
 被保険者がどうすればよいか対応を尋ねたところ、「今日中にコンビニやデパートのATM
で構わないので手続きをして欲しい。」との返事があり、静岡市内のデパートで14:30 に会
う約束をし、指定された場所に行ったものの、キタガワと名乗る者とは会えなかったために帰
宅されました。 
 その後、連絡等が無いため不審に思い、翌10月8日に地元の後期高齢者広域連合に問
い合わせをしたことからこの事件が判明しました。

 東京都内において被保険者宅に不審な訪問があったことが判明しました。

 事件の概要については以下のとおりです。

 三重県内においても同様の事件が発生する可能性がありますのでご注意ください。

 

事件の概要  

 9月20日、50歳位の男性が被保険者宅を訪問し、「今月(9月)末で申請期限が切れるが、まだ後期高齢者医療の手続きがされていない。1万円払ってくれれば、代わりに手続きを進める。」と言ったとのこと。被保険者は、不審に思い、お金は払わなかったものの、自宅の電話番号を伝えてしまいました。男性は、「22日にもう一度来る。」と言って立ち去りました。


 9月21日に、被保険者が以上の内容を区役所に伝え事件が判明しました。その後、被害報告は入っていないとのことです。

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。